出光イーハトーブトライアルへ行こう! 地域生活に一番近いモータースポーツ、「出光イーハトーブトライアル」に関連する話題が盛りだくさん!開催地、岩手の魅力もひしひしと伝わってくる。30年続いている理由や、連続十数年参加なんていう人たちの気持ちが、これでよくわかるはず。さあ、あなたも今度の出光イーハトーブトライアルに行きましょう!出光イーハトーブトライアルの公式ウェブサイトで、TV番組抜粋シーンが見られます!http://www.sukaheru.net/~ihatove/index.html?お問い合わせ・取材申し込みはテレビ岩手事業部担当:高橋 kazu@tvi.co.jp

今年は出光イーハトーブトライアル30周年記念大会!

バイク好きな人なら知っている、出光イーハトーブトライアルは、ことしの8月26日(土)・27日(日)に、30周年記念大会を迎えます。
http://www.sukaheru.net/~ihatove/index.html?

申し遅れましたが、私、その主催者の万澤安央と申します。昔は万沢康夫と名のって、バイク雑誌にあれこれ書いていたので、覚えている方もいると思います。
つまり、出光イーハトーブトライアルはその頃よりも前、1977年から続いているので、パリダカよりも、8耐よりも歴史のあるトライアル大会です。

第1回大会はたったの27名でしたが、日本離れした雄大な岩手の美しい景観と、やさしい人々の印象が口コミで広がり、翌年には2倍以上、その翌年にまた2倍というぐあいに参加者が増え続け、第20回大会には840名と、空前絶後の参加者数となりました。最近は400人前後で推移してますが、依然として世界一の参加人数であることには変わりありません。

出光イーハトーブトライアルは、伝統的な英国スタイルのセクションとコースが特長なので、いまどきの世界選手権トライアルとは方向性が大いに違います。
簡単にいうと、究極の頂点を目指すのではなく、いつまでも楽しめるトライアルを目指しているのです。
もっとわかりやすく言えば、「岩手のスポーツ観光」というわけです。
「クラシック」のハイライト、さんだいなべセクション
だから、一番いいのは大会の雰囲気です。もっとも参加人数の多い初心者クラス「ネリ」では、女性参加者が1割を越えるほどで、モータースポーツとしては異例の華やいだ雰囲気があり、そのせいか参加者ももっとも多く250人前後です。

昨年から、中級者向けクラス「ブドリ」も「ネリ」と混走となり、セクションの中のラインだけがちがうところを走る指定があるだけなので、上手なお父さんが可愛い娘を連れて参加するという、なんともうらやましい状況も生れています。(ま、そのためにそういうしくみにしたんですが・・・)
娘と参加の父、最良の日!
そうそう、おじさんがエエカッコしいできるように、20歳以下の参加は無料(保険料のみ)という、画期的な制度もおととしから始まっています。
これは、若い世代のトライアル参加を費用の面から応援jしようというわけで、おじさんが近所の若者に「どうだい、いっしょに行ってみないか?」と誘いやすいようにしたのです。

でも、いざトライアルが始まると、普段はかすんでいたようなおじさんなのに、うまいのなんのって・・・若者はぜんぜん歯が立たないわけです。
こうなると、おじさん、断然輝きを放ってカッコイイー、という喜びを倍化させるために誘ってくれたんだな、と遅ればせながら若者は気づくのです。
(フッフッフ、いまごろ気づいたか・・・おじさんの不敵な笑い)

これは、まさに34年前に私が英国・スコットランド地方で開催されるスコティッシュ6日間トライアルに出場したときと良く似た状況です。
誘われて行ったわけじゃありませんが、当時は驚くほど中高年が多かったのです。
で、競技の途中、あんまりパッとしなさそうなブルタコのおじさんに、「何点?}と聞いたら、私の半分以下、つまり2倍うまい人だったんです。
おまけに、岩だらけの曲がりくねった細い山道を走るのが速いこと、速いこと!
そのとき感じたのは、「さすがにモータースポーツの先進国、曲者ジジイぞろいだぁー」ということ。
これって、数あるモータースポーツの中でも、スピードもタイムも競わないという、トライアルだけの特徴かもしれませんね。

つまりトライアルは、体力やテクニックだけでなく、ゴルフのように点数を競う(少ないほどうまい)もので、慎重さ、正確さ、精神力といったものを併せ持っていないと、
良いパフォーマンスは発揮できない競技なのです。

そういえば、トライアルは1位、2位とは言わず、ベストパフォーマンス、ラナーアップと、英国では言うんです。
ちなみに、ゴルフとトライアルはそっくりであたりまえ。どちらもスコットランド人の発明なんですと!

話がやっぱり脱線してしまいましが、出光イーハトーブトライアルではこの他に中級者向け「サンムトリ」と「クラシック」がありますが、「クラシック」だけはその名のとおり、第1回から基本的な内容を変更せずに続いている”伝統の”2日間トライアルです。

走行距離は350kmにもおよぶ長丁場で、エンデューロライダーが「このコースはエンデューロ以上だー!」と叫んだほどの手ごたえもあり、(山道区間)一方で目が洗われるような美しい高原をクルージングできる魅力も兼ね備えています。

おっと、長くなりすぎるので、今回はここまで。次回をお楽しみに!

どんな大会なのか、参考までに「クラシック」観戦ツアーのようすをごらんください
http://www.sukaheru.net/~ihatove/kansen2.html
日記 | 投稿者 マンジー 20:03 | コメント(18)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
ブログ開設おめでとうございます。
以前の「岩手日記」からずいぶん日が経っちゃいましたから、マンジーさんのブログを心待ちにしていた方も多いのでは?伝統ある大会の「発起人・仕掛人・創始者・始祖・元祖・教祖?」としての情報発信を楽しみにしております。
また別な視点でのイーハトーブブログも開設しておりますので、よろしければそちらにもご訪問ください。
では、記念すべき書きこみ第1号でした。
投稿者 イッシー 2006/02/23 20:57
おお、ここで万澤さんの書いたものが読めるんですね。さっそく自分のブログからもリンクさせていただきました。
自分などでも出場していいものなのかどうか、わくわくしながら読んでいます。更新を愉しみにしています。
投稿者 IB井上 2006/02/24 06:38
やったー!!万澤さんのブログが読めるー!!浮かれて、お気に入りに早速追加してしまいました。
今年のイーハトーブトライアルに、見る側で参加するのか、見られる側で参加するのか迷っているので、万澤さんの言葉をかみ締めながら、ジックリ考えたいと思っています。
更新、心待ちにしていますね。
投稿者 こずるたんこ 2006/02/24 08:43
ついにイーハトーブトライアルのブログが立ち上がりましたね!!今年は30周年の記念大会。いいろんな企画も充実!!今年もこの大会でみなさんに楽しんでもらいたいものです。公式ホームページ
http://www.sukaheru.net/~ihatove/index.html?
も今年は新たな企画を会長は考えてるらしいです。
投稿者 大会事務局 2006/02/24 10:43
イッシーさん、井上さん、こずるたんこさん、事務局さん、コメントありがとうございます。
出光イーハトーブトライアルの魅力を伝えようとすると、書きたいことが多くて、つい長くなり勝ちなので、短めに…を心がけていきます。(といいながら、すでに長いコメント??)まわりの方々にも、ぜひこのブログをお知らせください。
投稿者 マンジー 2006/02/24 22:59
ブログ開設、おめでとうです。さすがイッシーすばやい。(ちなみに私はchiakiでございます、ち~さんで登場します)
”こずるたんこさん”参加するなら団員ですよ!!今年は30年の節目!ここからまた歴史がはじまりますよ~。
投稿者 ち~さん 2006/02/26 22:40
ちーさん、カキコ感謝!こずるたんこさん、さっき「実行団員やりたい…」と、メールが来ましたよ。
「まかせなさい!」と返事しておきました。
これでまた団員の若返りがはかれますね。
投稿者 マンジー 2006/03/06 20:25
マンジーさん、ちーさん、本日事務局へ正式に実行団員へ挙手させて頂きました。若輩者ですが、よろしくお願い致します。
投稿者 こずるたんこ 2006/03/11 00:01
 こずるたんこさん、団員登録おめでとう!
あとはまかせて!
 早く一人前のバイク団員になれるよう、最短距離を突っ走ってもらいますから(笑)
 まずは、春トラのスクールで、必ず上達しますから安心して来てください。
 これを読んでる、そこのアナタ、実行団員になることは魅力あふれる実行団員たちと知り合えるだけでなく、”本当に乗れる”ライダーになれる大会参加のかたちでもあるんですよ。
 さー、いらっしゃーい!
投稿者 マンジー 2006/03/11 18:26
ブログ開設おめでとうございます。この大会に参加してから早6年。でも諸先輩方に比べれば、まだ小学生レベルということでしょうか。
とにもかくにも今年は30回大会。記念の大会に向けて万全の準備で臨み、盛上がりたいと思ってます。
投稿者 五分の一殿 2006/04/12 23:29
五分の一殿さん、書き込み感謝!イーハトーブでは来た回数より、どのくらいひたむきにトライアルしたかが重要なのです。そのうちブログに書きますが、下手でもいいから、ひたむきにトライアルしてほしい…それが私たち実行団員の願いです。万全の準備で盛り上がる…そういう姿勢がいちばん嬉しいのです。
投稿者 マンジー 2006/04/16 11:37
初めまして、わたくし「バナーナ」と申します。
イーハトーブ30周年記念大会という事で、おめでとうございます。(ちょっと気が早いですかね)
昔から2輪の月刊誌等で記事を読む事も多く、
そのレポート内容から想像して、
とてもすばらしい大会だろうと思っておりました。
わたし自身はまだ参加した事はありませんが、
いつかは是非参加してみたいと思っております。
その為にはまず、今乗っているセローから、
トライアル車へ乗り換えなければいけませんけどね(*´∇`*)
トライアル車を手に入れた時には必ず参加したいと思いますので
その時はよろしくお願いします。
投稿者 バナーナ 2006/04/18 22:38
バナーナさん、カキコ感謝です!
出たいと思いながらもまだ出たことの無い方はいっぱい居るはずなので、私たちも30年歳とりましたけど(笑)まだまだ頑張って続けます!セローも私のトライアル仲間が開発した傑作バイクですが、トライアルはトライアル車でないと楽しめないんです。
手に入れたらぜひ来てくださいね。
投稿者 マンジー 2006/04/18 23:41
初めまして。私は今年初めてバイクトライアルなるモータースポーツを知りました。 いい年したオジちゃんたちが目をキラキラ輝かせてセクションをクリアしていく姿・・・改めて彼に惹かれちゃいました。57歳ですよ!地元でトライアル大会を開催して毎日曜日に集うメンツ・・・大人から子供、そしてレディース・・・大会は男ばかりで雨の日だったんですが・・・みんなして楽しそうでしたよ(^^)v 観ているだけのはずが、いつの間にかオブザーバーにかり出され 挙句の果ては選手の「行きます」の合図にGOサインまで出す始末(苦笑) それからというもの 彼にくっついて毎週山に出かけては 子供たちの練習に立会い 彼がトライする山の上までついていったり草刈りしてコース作ったり 沢を登ったり・・・40過ぎて野生児のごとくそこに集うトライアル大好き親父たちとの時間楽しんでます。 イーハートーブトライアル・クラシックにもわれら地獄沢トライアル倶楽部からも参戦しますよ。もちろんアタシも同行します。大切なかれのサポートしますんで(*^^*) 
投稿者 yumiko 2006/05/15 09:34
返事が遅れてごめんなさい、ゆみこさん!
連休後、やっと岩手の山々の雪が溶けるのを待って
準備作業にパワー全開で、その間にブログも更新
しなくちゃなーと思いつつなかなか出来ずにいて、
ここも見るのを忘れてました。<(_ _)>
そう、トライアルでは大人の泥んこ遊びのように、
みんな目が子供みたいに輝くんです。
そんな彼がいとおしいという、ゆみこさんの気持ち、良くわかります。
私も、人生のトライアル、色々なセクションを乗り切ってきましたから…(笑)
大会に来たら、トライアルの楽しさとともに、岩手の美しさもぜひ楽しんでください。和みますよー
投稿者 マンジー 2006/05/21 23:22
万澤さん
イーハトーブへの参加が今年で4回目の迎えようとしています。埼玉県からバイク持参で参加するのが、ここ数年間の夏の恒例行事です。思い起こせば、20以上前にベストバイクという雑誌の大はファンだったのですが、万澤さんがたくさん載っていませんでしたか?いつか、大会会場でごあいさつできることを楽しみにしています。ネリ会場に来てください。今年のゲストとお会いするのも楽しみですね。
投稿者 ヒデ 2006/06/06 23:44
ヒデさん、ベストバイクの読者だったんですね!私はあの雑誌の編集顧問だったので、企画から取材、執筆まで相当の部分に携わっていました。当時の読者がハイティーンだったとしても、いまは40歳前後ですか…。もうじき親子参加も可能かな?あの頃からサインを求められたときは「乗り続けよう、バイク!」って書いてきましたが、ヒデさんのように乗り続けている読者を知るのは嬉しいことです。
ネリの前夜祭にはオリバーファミリーと行きますので、気軽に声をかけて下さいね。
投稿者 マンジー 2006/06/07 11:20
ベストバイクには、バイクの整備方法、ライディングテクニック、バイク用品を選ぶコツなど、いろいろ教わったような記憶があります。まさに青春時代の愛読書でした。現在41歳。息子も16歳、親子参加も遠くないですね。トライアルは年齢に関わらず楽しめるのがいいですね。私のバイクライフで最終的にたどり着いたのが、トライアルです。イーハート-ブが、多くのボランティアや地元の住民の皆さんに支えられている。そんな大会に参加できることが誇りです。
投稿者 ヒデ 2006/06/07 14:48
2006年 2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリ別アーカイブ
最近のコメント
ベストバイクには、バ…
ヒデ 06/07 14:48
ヒデさん、ベストバイ…
マンジー 06/07 11:20
万澤さんイーハト…
ヒデ 06/06 23:44
返事が遅れてごめんな…
マンジー 05/21 23:22
初めまして。私は今年…
yumiko 05/15 09:34
最近のトラックバック
ホビダス[趣味の総合サイト]